いってつ おるたねいてぃう゛

いってつの趣味のことを中心に、思うがまま書き殴っていくブログです。今すぐ引き返して!!

ぐろおりいでいず。

書くぜー!

DVD「B'z LIVE-GYM Pleasure2008 -GLORY DAYS-」買いました〜。
フライングで24日に購入できたのですが、いやー、ホンットにこれはいいものです・・・。

実際に自分が参戦した昨年9/21、B'zの20周年記念日のLIVEですが、改めてみると、自分はなんと幸せな場所にいることができたのだろうという想いでいっぱいです。

今こうやって見ても、あのLIVEの瞬間に戻るみたいな感じで、オープニングのムービーだけでホントに涙が溢れるんですよ・・・。
そして始まるBAD COMMUNICATION。まさかオープニング曲に持ってくることはないと思っていたので、一気にこれでテンションが上がりまくって・・・。
2曲目も後半用と思われていたultra soul。開始から飛ばしまくるバンドに変な脳汁あふれまくりww

B'zのLIVEが評価されている理由って、もちろんメンバー個人個人のスキルや演出面もあるんでしょうけど、端的に言うとすごく「力を入れるところ」と「抜くところ」の使い分けが上手だからと思うんですよ。
開始からのぶっ飛ばしっぷりもそうですが、途中で今夜月の見える丘にでしっとり聞かせる部分があると思いきや、恋心(KOI-GOKORO)でのやっていて楽しくなってくる振り付け、Don't Leave Meでの鬼気迫る連続シャウト・・・。
B'zというバンドがヒット曲を多く出しており、ロックをしながらも垢抜けたポップな曲も出来るというその器用さがなせる技なんでしょうね。
そしてこれが大きな理由だと思うところがひとつ。
本当にこの人たちは「心から音楽を楽しめている」んだということ。
デビューして20年を迎えてもなお、曲をプレイしている一つ一つの表情が、ホントにバンドをはじめたばかりの高校生に見えるんですよ・・・。
どれだけ経っても初心を忘れないというか、いつまで経っても向上心を持ってこれだけのパフォーマンスを見せる2人・・・。本当に素晴らしい人たちです。

実際LIVEは途中のSOUND JOKERでの2人での語りなど、非常にまったりと笑いに包まれているような部分もあり、後半に入ると怒涛の起爆剤コンボで頭で何かがぶち切れるような感じすらしますw
そしてアンコール・・・。
RUNの前の稲葉さんのMCは本当に何度聞いても目頭が熱くなるのを感じます。
本気で俺、これから辛いときなどはこれを見て救われていくんだろうなぁと思いますね。それだけの愛に包まれたMCだったと思います。

時々思うことで、なんでこの人たちはこんなにかっこよくもかわいくもあり、無邪気に、美しく、実直で、それでいて力強いのだろうと考えることがあります。
しかしやっぱり答えは簡単なんだなぁと。
音楽に、そしてファンの一人ひとりに対する愛が彼らにそれだけのパワーを持たせているんだと強く実感しています。
このLIVE中にメンバーから口々に語られた感謝の言葉・・・。
彼らからこの言葉が聞き続けられる限り、俺はこの人たちのファン・・・Brotherをやめないでしょう。
そして自分からも・・・。

自分が始めてB'zのLIVEに行ってからもうすぐ10年になろうとしています。
そのあまりの存在感に衝撃を受け、自分が嬉しかったとき、辛かったとき、どんな時でも傍にあったのはB'zの音楽でした。
あの雨が降りしきる中、必死に声を上げ、汗だか雨だか涙だか鼻水だかわからないくらい、顔面をグシャグシャにしたLIVEで、心から感じたことはB'zのBrotherでいれることがこれほどまでに幸せだということです。今までほんとうにありがとうございます。
これからもずっとよろしくお願いします。

DVDラストでの2人のハグシーン、2人の目にうっすら浮かぶ涙を見て心からそう思いました。

自分はまだまだ23年ぽっちしか生きてきていない人間ですが、これまで見てきたどんなドラマや映画、すべての場面であんな美しいと思ったことはありません。
本当に最高のPleasureを頂いたと思います。


最後ではありますが、本日、2月26日はB'zの日です♪
(26文字のアルファベットの中でBとzは・・・ってねw

今更ながら17年前のシングル「ZERO」にタイアップが付くとのニュースも入ってきましたし、そろそろ21年目のB'z、本格始動と言ったところでしょうか。
(しかし、ZERO繋がりで発泡酒 “麒麟 ZERO”とは・・・w

シングルとしてはもう1年近く新曲を聞いていませんが、2人のコメントからも新作にはかなりの期待が出来ると思ってます!
まだまだ俺のB'z熱は冷めることがなさそうですww

途中からテンションだけで文章書いてしまってわけのわかんない乱文になってしまいましたが、本当に申し訳ないです・・・。
なにはともあれ・・・。

せーのっ・・・。

おつかれー!!