いってつ おるたねいてぃう゛

いってつの趣味のことを中心に、思うがまま書き殴っていくブログです。今すぐ引き返して!!

ちゃいさー。

名探偵コナン漆黒の追跡者(チェイサー)を見てきました。
ここ数年のコナン映画では面白いほうだったかと思いますわー。

良かった点
・組織との戦いにちゃんとポイントを置かれていた。
→過去に組織が出てきた「天国へのカウントダウン」ではあくまでおまけ程度に扱われていたので、今回も期待はしていなかったのですが、ちゃんとやってくれてよかったです。

・キャラが豪華
→オールスター総出演!との触れ込みで公開された「探偵達の鎮魂歌(レクイエム)」は、キャラを突っ込むだけ突っ込んでストーリーが破綻していた感じはありましたが、今年は各地方の刑事を中心に、かつて原作・映画に出てきた刑事さんがたくさん。「迷宮の十字路(クロスロード)」で出てきたおじゃる警部なんか俺くらいじゃないとわかんねーよw
というか、大和刑事って既にアニメに出てきてるん?
あと、山村が警部はネーヨww
刑事以外でも松本管理官の娘さん・松本小百合の存在とか、原作を好きなら楽しめると思います〜。
・・・逆に今の子供はわかんないだろ、コレ・・・w

・爆発がなかった
正直コナン映画ではお約束かと思っていた爆発シーンがないというのは驚きでした。(あるにはあったけど、あれはまぁ・・・)
いつもとりあえずラストは爆発に頼っている(なんだそれ)感じすらしていましたが、ないだけでこれだけ印象が変わるんだなーと。
というか、東京のど真ん中であれだけ派手にドンパチやっていて逃げれる組織がすごいのか、警察がへぼいのか・・・w

悪かった点
・ゲスト声優
→今回コナン映画として初めてゲスト声優(俳優とかがやってるアレ)が使用されていたんですが・・・、ちょっと・・・・、あまりにも・・・。
誰かは言うまい。ググって下さい。
公開前に「世界観にピッタリ」「ゲストとは思えない」みたいな話がスタッフからあったような気がしたので、じゃあ大丈夫かーと思っていたんですが・・・。絶対もう信じない。DVDでは差し替えるなり撮り直すなりして下さい・・・。
全体的にレベルが高い今回の作品でこんな風になっているのは、個人的に相当悔しい思いをしています。

うーん、なんか他にもあったような気がするけど、コナンファンなら楽しめる内容だったと思いますー。
相変わらず細かいつっこみどころはたくさんありましたがw
「こどもの日」であり「子供の日」ではないだろとか、コナンはベルトを真正面から打ち抜かれてなんであんなにピンピンしているのかとか、そもそも状況を一番ひっかきまわしているのはコナンなんじゃないかとかw

なんか久々に1つのことについて長々と書いた気がするわw
思い出したらまた書きますー。