いってつ おるたねいてぃう゛

いってつの趣味のことを中心に、思うがまま書き殴っていくブログです。今すぐ引き返して!!

ぼくらの。

一昨日?くらいの日記で取り上げて、ぼくらの小説版を一通り読み直しているところですー。
1巻途中で切れていると思い込んでたけど、実際は3巻の頭まで呼んでたという事実にビックリw
ホント最近の記憶力ダメだなぁ・・・。

いやはや、再度読み直してみると原作の持つ設定のすごさを思い知ることもありますが、小説での再構成というか、構成力もすさまじいことも思い知りますねー。
アニメなんか別解釈で再構成しようとして完全に破綻した内容になっちまっているというのに、これはやっぱりすごいや。
ってなわけで、今日の会社帰りにまだ持っていなかった4・5巻を買ってまいりました。たぶん明日の夜勤くらいでなんとか読めるのではないかと思ったし、本を買いたい理由もあったし。

一旦3巻まで来たといいましたが、2巻の巻末の作者から"「アンインストール」から多大なインスパイア受けました"というコメントが載っており、いやはや、あの曲が与えたインパクトはほんとに凄まじい物だったと実感。なんでアニメはあんななっちゃったんだ・・・チクショウ。

あと、ウチで石川智晶の曲をランダムで流していたら、ちょうどそこら辺を読んでいたところで、
Little Bird (アニメ前期ED)

アンインストール (Accoustic Version)

Vermillion (アニメ後期ED)

アンインストール

という、華麗なぼくらのコンボを叩き出して偶然すげぇとw
これでロストイノセント (アニメ挿入歌)が決まれば完璧だったんだけどなぁww
まぁ、石川智晶のアルバム「僕はまだ何も知らない。」については、「アニメサントラよりサントラらしい」、「『ぼくらの』のイメージソング集じゃないのこれ?」っていう程に「ぼくらの」とのシンクロ具合が気持ちいいから、どの曲が流れてもちょうどいいんだけど。

小説版については(今日買ってきた)5巻が最終巻だということで、原作より先にゴールテープを切っていますが(アニメはおいておく)、先に一通り読み終えた後輩からは「原作より鬱」と評判なので、一揆読みしたほうが精神に与えるダメージは少なそうだし、個人的に修羅場である19日までになんとか読み終えたいと思いまーす。