いってつ おるたねいてぃう゛

いってつの趣味のことを中心に、思うがまま書き殴っていくブログです。今すぐ引き返して!!

ぶんがく。

仕事(日勤)が終わったら即で会社を出て渋谷へ。
・・・定時きっかりに上がるのとか年単位で久しぶりな気がするw

目的は19:00〜上映となっている劇場版"文学少女"。
俺としては遠子先輩が花澤香菜という時点で見るしかないなとw



感想としては割と面白かった。

大絶賛というわけじゃないんだけど、今後Blu-Rayでのパッケージリリースがあるなら手元においておきたい作品だな〜と。
・・・大絶賛じゃないというのはまぁやっぱり若干ストーリーが気になったというか・・・。

もともと俺は原作については1巻だけしか読んでない状況で行ったのですが、劇場版は5巻がベースになっているのですよね。
これに関しては俺が悪いのでしょうけど、1巻の段階で俺はあのキャラはてっきり存在しないと思っていたもので、普通に登場してきたのは、正直テンパったというか・・・。
そしてラストシーンまで一気に駆け抜けていったので、だいぶ詰め込んでる感があり、原作を全部踏まえて見直したいと思った・・・という感じでしょうかね。
しかも詰め込んでも各キャラの深さは出ていなかったとも思うし・・・。

というかラストシーンは原作がああなっているのかね?
うぅぅ・・・。気になる・・・。

まぁぶっちゃけていうと、触りの部分は普通の萌えアニメ的展開になっているので、若干失敗したかなぁと思ったこともあったんだけど、一気にシリアスに入り込み、きちんと"文学少女"の空気になっていたと思います。
ただ(原作のこのエピソードがそうなのだろうけど)、この遠子先輩ってあまり文学少女してないよね・・・w

あと、全編通して思ったのが絵が綺麗!
Production I.G マジGJ!

もともとなんでわざわざ仕事帰りに無茶するような形で今日観てきたかというと、今日いった渋谷の映画館って毎週水曜は男女問わず1000円で見れるというのを知ったからなんだけど・・・。
俺自身そこまで映画に行くわけじゃないし、1人で行ったりということはなかったので若干心配だったのですが、これならまた行きたいなと思ったわ〜。
っつーか今週末からメモワール(ヒロイン3人のそれぞれのエピソード)公開なんだよね・・・。
とりあえず1を観てみるか・・・?