いってつ おるたねいてぃう゛

いってつの趣味のことを中心に、思うがまま書き殴っていくブログです。今すぐ引き返して!!

まーぶる。

渋谷で開催されたmarbleのワンマンライブ「旋律の彼方 vol.1」に行って参りました〜。

前回の「ひだま〜ぶるないと!」の時も思いましたが、やっぱり俺、この人たち、また、この人たちから作られる音楽に心から惚れているな〜というのを実感するライブでした♪

えーっと、オープニングアクトは略させていただいて(汗

開始は前回と同様のmarble2人で。
曲はライブタイトルにもなっている「旋律の彼方」。
しかし、2人がステージ立って、そのままギターと歌で始まる段取りだったとは思うんですが、始まろうとしたときに、菊池さんのギターにプラグが繋がれていないというw
「俺が悪いんじゃないよ、入ってるって聞いてたんだよ」と弁明されていましたが、ここで音を出してしまったからなのか、「こんばんわ、marbleです」と挨拶後に曲をはじめられていましたw
スタッフ・・・。

聞いていて思ったのですが、やっぱり音がいい・・・!
菊池さんのギターの音が会場中に溶け込むような気がしましたし、miccoさんの歌はホントに降って来るようなというか、素直に自分の中に入ってくる感じがしました。

2曲目はひだま〜ぶるから「おんなじ」。
まさかこの曲が歌われるとは思っていなかったから、ホントに嬉しかった・・・。
特に2人だけでの演奏ということもあり、ホントに染み渡ってきましたね。

3曲目まで2人だけで。曲は「アネモネ」。
この曲、前回のライブではじめて聴いた曲だったのですが、その時に一目ぼれ?一聞きぼれ?した曲で、先日「虹色ハミング」を買った時からもこの曲ばっかり聴いているので、これも2人だけの演奏ということでレア感満載で、それでも曲の感じが損なわれることはなく、ホントにいい歌でした。

ここでバンドメンバー(ベース、ドラム)が入り、「アルバムの感じで」というMCのあとから「clover」。
アルバムの感じではありましたが、途中のメロディオンパートは無し。
「純サマはぁ〜?」と思っていたら、この曲の後に入られましたw

サポートのメンバーですが、ドラムが非常にうまい!
目立つような感じではなく、しっかりとリズムを刻むタイプのドラマーで、marbleをしっかり引き立てていらっしゃいました。
あとの紹介のときに「ドラムの先生やられています」ということを言われていましたが、それでアレほどまで基本にのっとったプレイをされていたのかと納得。

ここら辺から記憶が曖昧になってきていますが、この後演奏した曲は「青空loop」、「虹色ハミング」、「fantastic sky(途中にバンドメンバー紹介あり)」、「星空」だったかな?
・・・なんか1曲足りない気がする。
「星空」アウトロからメンバーがステージから去り、休憩へ。

第2部では「手のひら」から中心の選曲ということで「好きしか見えない」を演奏した後、miccoさんがギターを手に(!)。
慣れない?チューニングを終え、「地球」、「Is it over?」、「ただここに そばにいる」を演奏。
marbleの前身であるThe Studentsの曲もあるということで、今とだいぶタイプの違う曲もあるんですが、そつなくこなされている感じでしたね。(このあとmiccoさんの「marbleのライブで初めて汗をかいた」との発言ありw)

・・・長くなってきたので、続きは明日でいいですか?

あぁ、そうそう、ライブが終わって、2階の関係者席を見ていたら、異様にピンクの服を着た、マスクをした女性がいたのですが・・・。
やはりあなたでしたか。